借金の返済に困ったら債務整理を検討

借金がなかなか減らず困っている人は日本中にたくさんいます。借金がなかなか減らないと返済で苦しい日々が続き、経済的にも苦しくなります。そんな借金地獄から少しでも解放されたいなら債務整理をしましょう。債務整理とは弁護士や税理士が債権者と交渉し、利息のカットや過払い金の返済などを行い、借金返済を少しでも軽くしていきます。

債務整理を行うメリット

債務整理を行うメリットは、弁護士に債務整理を行うことで将来的に利息が免除されます。そのため借金返済が早くなると言われています。自己破産や個人再生の場合は手続きに時間がかかりますが、それと比較して債務整理は手続きが非常に簡単です。無理をして全ての債務整理をする必要もなく、一部だけ整理をするという選択もできます。

債務整理の種類4選

弁護士

任意整理とは

任意整理とは、借入先と交渉をして、現在の借金の返済方法の見直しを行う方法が任意整理です。この任意整理をする事で、債権者と話し合いをすることで今支払いを行っている借金の利息をカットし、残りの借金の返済額が減額されるので返済が楽になります。

特定調停とは

特定調停とは、お住まいの地域にある簡易裁判所へ行き、調停手続きを行います。この手続きを行うことで調停委員が債権者とあなたとの間に入ってくれ、話を進めていきます。この調停が成立したら、その後に調停調書が作られ、その内容に従って支払いを続けていくだけです。

個人再生とは

個人再生とは、個人ではもう支払いをすることが難しい借金の利息を、裁判所へ申し立てをすることで残りの借金の大きく減額してもらう方法を個人再生といいます。個人再生をする事で、元本の1/5〜1/10まで大幅に減額をしてもらうことができ、借金返済が楽になります。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に申し立てを行って今ある借金の返済額を無くしてもらう方法です。主に無収入の人や収入が少ない人、生活保護を受けており借金を返済することが困難な人がこの自己破産手続きを行う事が可能です。自己破産をする事でどんなに高額な借金でも返済が0になります。

人生再建には弁護士の協力が必須【債務整理などのトラブルに対応】

弁護士バッジ

過払い金請求は弁護士に依頼しよう!

過払い金は過去に高い利子で返済を行っていたことでこの払い過ぎた利息を取り戻すことが出来る手続きのことを言います。意外にも債務整理を行っていたらこの過払い金が見つかったという例があり、手続きを行ったら高額なお金が戻ってきたという例が過去にあります。過払い金の手続きは弁護士に相談をすることで、弁護士から債権者に受任通知を送ります。受任通知を送ることで債権者が債務者に連絡をすることはできません。弁護士はまず債権者に過去の取引履歴を取り寄せ、計算を行ったうえで払いすぎたお金を相手に返還するように手続きを行ってくれます。